個人間融資【ソーシャルレンディング】.com -P2Pならマネオ(maneo)-


個人間融資に関する情報をご紹介

【個人間融資のQ&A】

どんな時に利用すれば良いのか

「ソーシャルレンディングでお金を借りるって、一体どんな目的でお金を借りているのか?」、また、「だいたいどれくらいの金額を借りられるのか?」という質問もよく耳にします。ソーシャルレンディングは、個人間でのお金の貸し借りであり、「Person To Person」の略語として「P2P(個人間融資)」などとも呼ばれています。

ソーシャルレンディングは、もともとアメリカで始まった制度です。貸金業の認可を受けた業者が窓口となり、「借りたい人」と「貸したい人」のマッチングを「オークション形式」で行っている業者です。アメリカでこの制度が広がった理由は、「日常生活における、ちょっとしたイベント時の資金」に、ソーシャルレンディングが便利だと認識されたことにあるんですね。

たとえば「出産費用」などですね。「出産費用」の融資で銀行やノンバンクに行くのはちょっとおかしいですよね。「自分で用意しろよ…」と思われても仕方ありません。また、「留学費用」や「子供の夏期講習の費用」など、ソーシャルレンディングとは、私たちの生活に密着した部分を応援してくれる制度だと考えておきましょう。

実際に、日本でソーシャルレンディングのサービスを行っている「マネオ」のホームページには、「借り手(ボロワー)」の体験記が記載されています。「どのような目的で」や「借入金額」、「返済金利」、「利用しての感想」など、様々な意見を見ることが出来ますが、それらのほとんどが「生活イベントのための資金」を目的としています。つまり、「事業を始めたいから」や「住宅購入の資金として」などではなく、もっと生活に密着した「小さいイベント時の資金」こそ、ソーシャルレンディングを利用する価値があると言えるでしょう。

[リンク]中小企業診断士に転職しよう

「個人間融資」の基本知識

個人間融資のメリット

個人間融資のデメリット

個人間融資のQ&A

このサイトについて


▲このページの上部へ