個人間融資【ソーシャルレンディング】.com -P2Pならマネオ(maneo)-


個人間融資に関する情報をご紹介

【個人間融資のQ&A】

相手を信用できるのか?

「ソーシャルレンディング(P2P、個人間融資)」は、「個人と個人との間でお金の貸し借りをする」というものです。銀行やノンバンクと比較すると、借入時の金利を低く抑えられるメリットがあり、お金を貸す方からしても、為替リスクを伴う「外貨預金」などよりも「安全に投資が出来る」という仕組みであるため、日本国内でも徐々に広まりつつある制度です。しかし、やはり個人間である以上は不安もありますよね。「相手を信用できるのか…?」というものです。

日本のソーシャルレンディングの「パイオニア」とも言える「マネオ」ですが、マネオでは、「お金を貸す方」と「お金を借りる方」の両方ともに、「銀行並み」の「身元確認」が行われます。マネオでは、「20歳以上で日本在住ならだれでも参加できる」としていますが、誰でも「簡単」に参加できるとは書かれていません。つまり、十分な身元確認や収入証明などがなければ、参加したくても参加できない仕組みになっているんですよ。

また、「お金を借りる方」にしても、「年収300万円以上」と決められていたり、「貸付上限金額」に規定があったりなど、「審査&確認」は非常に厳しく行われるんですね。

また、万が一、借り手が逃げたとしても、その責任を貸し手が追うことはありません。逃げた相手を貸し手が「直接追いかける」となると、まさに「法律違反」になってしまいます。したがって、逃げた相手を追いかける作業などは、必ず業者が行う必要があるんですね。また、返済不可になった時の損金なども、基本的には補填されますので、「お金を貸す方」からすればそれほど心配する必要はないと言えるでしょう。なお、マネオのホームページでは、リスクについて詳しく書かれていますので、一度、こちらを見てみるのもよいでしょう。

「個人間融資」の基本知識

個人間融資のメリット

個人間融資のデメリット

個人間融資のQ&A

このサイトについて


▲このページの上部へ