個人間融資【ソーシャルレンディング】.com -P2Pならマネオ(maneo)-


個人間融資に関する情報をご紹介

【個人間融資のメリット】

ネット上で手続きが出来る

「銀行」や消費者金融などの「ノンバンク」でローンを組む場合、最近では一部の銀行やノンバンクが「ネット上」でのサービスを展開していますが、たいていは「店舗に出向く」ということが必要になります。借入金額が大きい場合は、1回ではなく、何回も店舗に出向く必要があるときもありますね。また、銀行やノンバンクは「24時間営業をしていない場合」が多いですので、サラリーマンなどの「仕事をしておられる方」にとっては不便に感じることも多いのではないでしょうか?

その点、「ソーシャルレンディング(P2P、個人間融資)」でお金を借りる場合、借り手も貸し手も「全くの個人」であるため、お互いのマッチングは「オークション形式」で行われます。オークションは、メンテナンス時間などを除いて「24時間」開催されていますので、サラリーマンの方でも自宅後の時間を利用してオークションに参加することが出来ます。

このように、「ネット上でのやり取りが可能」というのも、ソーシャルレンディングが拡大を見せている1つの理由だと考えられます。「ちゃんと返済する意思」はあるものの、やはり銀行やノンバンクに実際に出向くのは少し緊張しますよね。その点、ネット上でほとんどのやり取りが可能な個人間融資の場合、「手軽にオークション形式でお金を借りられる」という側面を持っているのです(もちろん、返済義務はありますよ!)。

ただし、貸し手(レンダー)にとっては、貸す資金を業者に入金する時などにATMに出かける必要があります。また、このときの振込手数料は「お客様負担」となるケースが多いため、その点に関しては注意しておきましょう(ネット上での入金に関しても、入金手数料はお客様負担である場合が多いですね)。

「個人間融資」の基本知識

個人間融資のメリット

個人間融資のデメリット

個人間融資のQ&A

このサイトについて


▲このページの上部へ