個人間融資【ソーシャルレンディング】.com -P2Pならマネオ(maneo)-


個人間融資に関する情報をご紹介

【個人間融資の基本知識】

なぜ「個人間融資」なのか?

日本でも徐々に広がりを見せている「個人間融資(ソーシャルレンディング)」なのですが、なぜ「広がり」を見せているのでしょうか?ソーシャルレンディングと聞くと、なんとなく「ダークなイメージ」を持つ人も多いと思います。「借りたくても借りられない人が利用するサービスでしょ」や、「借り逃げしようとする人が多いのでは…」という感じですね。

しかし、実際の個人間融資のサービスには、このようなダークなイメージはあまりありません。むしろ、もっと生活に密着した「生活応援サービス」と言った方が正しいと思います。

たとえば、「留学支援」などがそうです。日本からも、「イギリス」や「オーストラリア」などへの「ワーキングホリデー」という制度があります。1年間の滞在ビザが発給され、その間、「旅行してもOK、仕事をしてもOK」のように、1年間をその国で自由に過ごせるビザです(一生に1回しか取得できません)。

このときに必要になるのが「留学資金」ですが、銀行やノンバンクなどでは、「留学資金のためにお金を貸して下さい!」というのは不自然だと思います。「自分で貯金しろよ…」と思われるのが当たり前でしょう。こんな時に便利なのが個人間融資なんですよ。

また、「結婚費用」や「出産資金」などもそうですね。銀行やノンバンクなどでは、「自分で用意しろ…」と思われても仕方ありません。また、皆さんの多くも、「結婚費用や留学費用で銀行に行くのはちょっと…」と感じられるのではないでしょうか?

上記のことを考えると、個人間融資が「生活応援サービス」と言えるのもお分かりだと思います。つまり、従来の金融機関では応援できなかった部分を補っているのが「個人間融資」であり、だからこそ、徐々に広がりを見せていると考えられるのです。

[PR]ソニー生命の採用情報を探すならココに最新情報あり!


「個人間融資」の基本知識

個人間融資のメリット

個人間融資のデメリット

個人間融資のQ&A

このサイトについて


▲このページの上部へ