個人間融資【ソーシャルレンディング】.com -P2Pならマネオ(maneo)-


個人間融資に関する情報をご紹介

【個人間融資の基本知識】

アメリカの個人間融資とは

アメリカで始まった「ソーシャルレンディング(個人間融資)」のサービスですが、アメリカではどのような人が利用しているのでしょうか?また、どのような目的で利用されているかを勉強してみましょう。

まず、「現在の返済能力に問題はないものの、以前に返済不可に陥った経験があり、銀行やノンバンクなどからの信用を得られない人」というのが考えられます。しかし、最近ではもっと広い範囲で個人間融資がアメリカで行われているのです。

たとえば、「出産費用」などがそうですね。結婚した当時からコツコツと貯めていれば問題ないのですが、「できちゃった結婚」などの場合、あるいは、急な出産になってしまった場合など、いきなり大きな出費を背負うことになります。アメリカでは、「出産費用のローン」などもあるのですが、いちいち審査を受けるよりも、返済能力に問題がないなら、「貸してくれる人」を業者に見つけてもらった方が圧倒的に便利&スピーディーなのです。

また、「留学費用」もそうですね。アメリカでは、皆さんもご存じかもしれませんが、大学の卒業シーズンが年に2回あります。9月と2月ですね。9月に大学を卒業した人は、就職は決まっているものの、「半年間」ほどの時間的な余裕があります。この半年を利用して、世界中を旅行するのが一般的なのです。このとき、すでに就職は決まっているため、返済能力に問題はないと言えますね。しかし、その時点での旅行資金がないために、ソーシャルレンディングが広く利用されているんですよ。

「個人間融資」と聞くと、「借りたくても借りられない人が利用する、何となくダークなイメージ」を持っている人も多いと思いますが、じつはもっと生活に密着した部分で利用されているのです。

「個人間融資」の基本知識

個人間融資のメリット

個人間融資のデメリット

個人間融資のQ&A

このサイトについて


▲このページの上部へ