個人間融資【ソーシャルレンディング】.com -P2Pならマネオ(maneo)-


個人間融資に関する情報をご紹介

【個人間融資の基本知識】

個人間融資の歴史

日本でも、昔から友人などに頭を下げて、「すまん!何も言わずに金を貸してくれ!」という光景がありますね。「まぁ、昔は世話になったから…」と言って貸してくれる場合もあれば、「ダメだ!お前に貸す金など1銭もない!」と突き放される光景など、ドラマの中では時々あると思います。

個人間融資とは、これと全く同じ仕組みを「もっと広い範囲」で行うサービスです。つまり、「Aさん」はお金を貸してくれなくても、「Bさん」なら貸してくれるかもしれない」という、マッチングを行うサービスなんですね。

そもそも、個人間融資、英語では「ソーシャルレンディング」や「P2P」と呼ばれていますが、このようなサービスはアメリカで始まりました。これと似たようなシステムは、かなり以前からあったようなのですが、やはり法律的な問題や貸し手と借り手間での「トラブル」も多かったため、あまり大きくは普及しなかったのです。

ところが、2005年頃に「貸し手」と「借り手」の「マッチング業者」が生まれ、法律的な問題も解決し、2010年には日本円で「6000億円近い規模」になると考えられています。日本では、ほんの数年前から同様のサービスが始まり、まだ市場規模は大きくありませんが、今後、徐々に市場も拡大していくと考えられているんですね。

個人間融資は、「まったく知らない者同士」による融資サービスです。実際に顔を合わせることもありませんし、お互いの連絡先を知ることもありません。「貸し手」と「借り手」は「まったくの個人」でありながらも、実際の融資業務や返済業務は業者が行ってくれるためですね。そのため、返済義務はあるものの、「気楽にお金を借りやすい」という「意識」が、このようなソーシャルレンディングの市場を拡大させているのです。

「個人間融資」の基本知識

個人間融資のメリット

個人間融資のデメリット

個人間融資のQ&A

このサイトについて


▲このページの上部へ